展示会情報

全 18ページ中 5ページ« 先頭...3456710...最後 »
2012年5月16日

工房は新緑に囲まれて


近くのりんごの木に花が沢山咲きました

昨日は雨でストーブを焚くほどの寒さ

そして、本日は、晴天、春ゼミが鳴いています

暖かかったり、寒かったり体がついていくのが大変です

4月末から、展示会、工房訪問のお客様など、忙しく

その合間に製作と言う毎日。今年は山菜取りや新緑や

様々な花の便りにも、すぐに反応して、見に行く余裕がない

忙しいのはありがたい事なのだと思う今日この頃です

2012年1月1日

明けましておめでとうございます

皆々様のご多幸を、お祈りいたします
昨年は大変お世話になり、ありがとうございました
本年もどうぞ宜しくお願い申しあげます

2011年12月11日

クリスマス!


今年も残り少なくなってきました。
2~3日前には、今年2回目の雪が降り、銀世界
家の中は薪ストーブが大活躍、今年も沢山出来た端材を燃やしています
私は、年内納めの家具の製作の傍ら、アー!年賀状も印刷しなくては
在庫の整理もしなくてはと、気ばかり、あせります
そんな中、クリスマスムードを盛り上げようと思い
クリスマスツリー、トナカイ、そりに乗ったサンタを木で製作
工房を覗いてくださった、お客様に「ワー、可愛い」と
お褒め戴きました。
木のぬくもりのある、ツリーも良いものではないでしょうか?...

2011年8月8日

胡桃倶楽部展示会無事終了

...

2011年7月30日

展示会に向けて

山の中の工房では、アジサイ、しもつけ草、ギボウシ、桔梗と、初夏の花、夏の花、初秋の花が、いっせいに咲いています。セミ、蝶、蜂は短い夏に活発に活動しています。私も負けずに、頑張っています。隣町(東御市)の土蔵ギャラリーでの展示会が来週からなので、その準備に忙しい毎日です。...

2011年6月4日

桑の木工品

銘木の桑は、山中で自生する山桑をいいます
山桑は偶然に鳥たちが実を運び、山に根を下ろして過酷な環境に生き残り大木となったものです。製材したては、青みがあり、時間がたつと、茶色の濃さを増して、ちょっと潤みを帯び、山ノ神が宿っているような、厳粛ささえ感じると言われています。私は、お客様が、お持込になった、見事な桑を仏壇に製作させて頂いた事が、ありました。
そして、繭を養う里の桑も今では、貴重です。偶然桑を手に入れることが出来、素材を生かした木工品を製作しようと、試行錯誤しましたが、なるべく、自然のままの形を生かして、花器、写真立て、鏡などになりました。末永く、この木が生き残ってくれることを願って...

全 18ページ中 5ページ« 先頭...3456710...最後 »